『便利屋 助っ人ハウス』は、千葉県木更津市の便利屋です。

『便利屋 助っ人ハウス』は、千葉県木更津市の便利屋です。
木更津、袖ヶ浦、君津、富津でお困りの方、お電話下さい!


モバイルサイト

↑上記、モバイルサイトのQRコードです。
タッチで、モバイルサイトへ!


便利屋とは

便利屋(べんりや)は、万屋(よろずや)、なんでも屋などともよばれ、 様々な雑事の代行業務を行うサービス業者です。
特に、法律及び行政で規定された公的資格いりませんが、 業務内容により公的資格を取得する必要とするものもあります。
(Wikipediaより)


助っ人ハウスとは

『便利屋 助っ人ハウス』は、千葉県木更津市の便利屋です。


袖ヶ浦とは

現在の袖ケ浦市は、
1971年に新設合併で誕生した2代目の袖ヶ浦町が市制施行したものです。 ここでは前身となった旧袖ヶ浦町についても説明します。
・1955年(昭和30年)3月31日 - 君津郡昭和町、長浦村、根形村の一部(岩井、谷中、三黒)が合併して袖ヶ浦町(初代)を新設しました。
・1971年(昭和46年)11月3日 - 袖ヶ浦町、平川町が合併し、改めて袖ヶ浦町(2代目)を新設しました。
・1991年(平成3年)4月1日 - 袖ヶ浦町が市制施行し袖ケ浦市となります。このとき、大きい「ケ」を採用するようになりました。
「古事記」によれば、
袖ヶ浦の昔々は、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が相模国から東征の折り、 走水(東京湾)を渡る際、大時化に遭い、 そのとき妃の弟橘媛(オトタチバナヒメ)が海中に身を投じて海神の怒りを鎮め、尊の渡海を助けました。 その妃の袖が海岸一帯に流れついたという伝説から、 東京湾の千葉県側の海岸が「袖ヶ浦」の雅称で呼ばれるようになりました。
これが袖ケ浦市の名称の起源となりますが、本来の袖ヶ浦の範囲は現在の袖ケ浦市よりはるかに広く、 習志野市の臨海部の埋立地の一部にも、袖ヶ浦の地名がつけられている所もあります。
また、延喜式にも飫富神社とその名の記載がある飽富神社では、 現在でも毎年1月にその年の農作物の出来を占う筒粥の儀式が執り行われています。
現在は工業地帯となっている臨海部は、埋め立て以前はJR内房線の線路付近から海が広がり、 海苔養殖が盛んに行われていました。養殖海苔の大半を占める主要品種であるナラワスサビノリの名称は、 同市奈良輪で発見、選抜されたことから名付けられたものです。


木更津とは

木更津市(きさらづし)は、千葉県中西部に位置する都市で、東京湾に面し房総半島中部の上総地方に位置する市です。
木更津の生い立ちは、1871年(明治4年)11月13日に木更津県が設置され、木更津県の県庁所在地として始まりました。 そののち明治6年6月15日に木更津県廃止となり、明治22年4月1日に、布令により木更津町および9村が発足しました。
1912年(大正元年)12月28日に木更津駅が完成し、久留里駅間を軽便鉄道が開通されました。(現久留里線です。)
現在の木更津は、TBS系列の放送で木更津キャッツアイの反響で木更津が若干有名になり、 カーフェリー木更津-川崎航路が廃止となったが、東京湾アクアライン開通で東京への連絡が便利になり 比較的名前が知られてきました。 また、 三井アウトレットパーク木更津やイオンモール木更津の進出で活性化されました。
(Wikipediaより)










便利屋 助っ人ハウスHome > 企業の紹介


便利屋 助っ人ハウスの ご紹介



便利屋業界の中では、低価格、格安な料金でありながら、最大限の満足のあるサービスをご提供致します。



企業名 助っ人ハウス
所在地 〒292-0025
千葉県木更津市十日市場510-1
Tel 0120-866660
担当 川名 隆
営業時間 9:00~18:00
※ご予約は、お電話にてお願いいたします。 (ご予約のお客様を、優先いたします。)
定休日 年中無休(臨時休業あり)




より大きな地図で 助っ人ハウス を表示